自分の中で 整理する

ここでも 何度か書いていますが
自分の生活に 直接関係ない事でも
ずっと 思考がその事に奪われるかのように
考えてしまうのが とまらなくなる事があります。

今 まさに そういう状態です。

それを ごまかそうとしても、 かえってそういう状態が長くなるだけなので
いったん 時間の許すかぎり、 考え尽くすくらい考えます。

今回 そうなった事柄は 前々回 書いた件。
自分の事を語ったりするのに 対象の方がいるこの件は、 全くふさわしくありません。
できるだけ 具体的な事については 避けますが、
どうしても 触れることになるかもしれないので
❮閲覧注意❯ とさせていただきます。
とりあげること自体 申し訳ありません。

こうなってしまう事柄は この頃は 自分でも 予測がつくようになりました。
理不尽だったり 不可解だったりする 事件/事故。 災害。

思考を整理する為に 紙に書き出してみました。
そうする事が良い というのは 心理学的によく言われることだけど
なんだか 億劫で 遠ざかっていました。
昔は メモ魔って言われてたんだけどな…
一番 病んでるというか 荒れてるというかだった 10代後半の頃も、
ぐっちゃぐっちゃの字で 言葉にならない気持ちをノートに書いてみたりもしてました。
その時は そんなに変化はなかったな…
で、書き出してみたら
少しは スッキリしました。
今回 同世代の方のこと というのもあり、
その件については知らなかったものの、作品が好きだったりもあり(ソロになってからは知らない)
本当にいろんな事を思ったので
この事については 私はこう思う こう感じている
というのを 整理してみました。
それまでは 記事や動画など 見尽くす くらいしていて
それで思ったのは それでも気持ちも含めた本当の事は 当事者にしかわからない という事です。
世論が必要な場合もありますが、 被害者がいる場合は特に 第三者が騒ぎ立てることは本当によくないと思います。
どうしても気になるならば、 さっさとこうして自分の中で整理してしまうこと。
どうせ忘れてしまうのです。 自己満足で興味を示しているだけ。
自分を省みることがあるなら そうして
早く 自分のするべき事に集中できるようにする。
その仕方を 忘れないように ここを使わせてもらってしまい 本当に申し訳ないです。

ただ 少し 一般的な具体策? を思ったので
書かせてもらうと
ここに書いてきたように どっちつかずな 中途半端だった私。
例えば 学校内で 私の場合は 悪友 だったのですが、一緒にいる時に
いろいろな “物” が目に入ります。
“それを使って こういう 人が嫌がる事ができる” というのを 自分が先に思いつくのです。
それを 相手が気がつかないうちに、 早くその場から立ち去る という事をやっていました。
そういう 物理的なものを できるだけ排除してもらいたいのです。
外から鍵がかけられるものは、 子供に管理させない。
今は知りませんが、 昔の掃除用具入れ なんで 引っかけるだけの鍵が外についていたのでしょう? 全く意味ないと思うんですけど。
学校に 誰の目も届かない死角をつくらないで下さい。
「もう やってるよ」 なら すみません。

後、 これは とても不本意なことなのですが
被害にあいそうな方
休み時間とか 人の目につくところに できるだけ行ったらどうでしょう。
職員室の近くとか。 トイレも。
休み時間になってからが難しいなら、 授業が終わる前に 手をあげて「トイレ行きたい」っていうのは 私やった事あるけど そんな恥ずかしくなかったよ。
持ち物に 被害がおよびそうなら 全部持って移動
する。
給食も パンと牛乳を持って ダッシュするとか。そんな行動をとっていたら 「何で そんな事をするのか」 と聞いてくる教師がいるはず(と信じたい)。
そしたら 「持ち物に 何かされそうだから」
とか 「人目につくところでないと 嫌なことをされるから」
とかだったら 具体的で言いやすくないかな?
たくさんの大人が気づくように そういう行動したら 誰かが動くと信じたい。
それが 苦痛だけじゃなくて、
例えば 職員室から見えるとこに うまい具合に 気持ちいい木陰とかあって、 好きな本を読む時間とかになったら… (なんてそんなうまくいかないか)
小学校の時、職員室の前に インコの鳥かごとか
水槽とかあって、ずっと見て楽しんでた事あるんだ…
今の学校を知らないのに、 脳天気な 無責任なこと言ってごめんなさい。

子供を信じたいのは やまやまです。
でも 正しい と思うことを 行動としてできる子供が どれだけいるでしょうか?
子供に 倫理を問うのは 無理だと思うのです。
だから “未成年” と呼び 保護者が必要なのだと思います。

甥っ子が 先生になりたいと言ってる。
まだ 高校生だから なれるかわかんないけど、
なれたあかつきには 提案してみたいと思います。
でもね 本当は賛成できない。
本当に大変だよね。 子供のも 自分のも 人生かかってる。
どこまで覚悟があるのかわからないけど、考えるだけで泣けてきます。

めちゃくちゃ長くなったけど
もう ひとつ 本当におせっかいな事。
私も 50になって いろんな事に気づいたのです。
気づいたら 対処できることだってある。


(また 新しいカテゴリー 作っちゃいました
これが一番 しっくりくるかも)

















プロフィール

kuromi

Author:kuromi
成長するために頑張ってみる 日々の記録

その過程をできるだけつつみかくさず 残していこうと思います

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア
デフォルトカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR